« June 2004 | Main | August 2004 »

2004.07.31

パストラミ

お友達のサイトに載っていたパストラミが美味しそうで、買ってきて食べたい!と切実に思いました。
パストラミって、きっと何度か食べたことがあると思うのですが、特に意識せずに食べていました。
だから、今度はちゃんと味わって食べて見たいのです。
パストラミってスライスしてグラム売りしてくれるのかしら。
かたまりのままってことはないですよね!?
一緒にチーズを買うと良いかも♪
チーズはカマンベール等の柔らかくてとろけるのが大好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.30

夏の服装

今年の夏は、若い女性の肌の露出度が高いような気がします。
今年だけではないのかな?
私が気付いたのが今年だっただけかもしれませんが、殆どがノースリーブかタンクトップですよね。
タンクトップで背中出して、短いタンクトップで腰も出して若いパワー全開って感じです。
私も若ければ・・・と思いましたが、体系を考えると若くてもダメでした。
スタイルに自信がないと出来ませんね。
ただ、あの服装の人は、クーラーの風で肌が痛くなったりしないのでしょうか。
私は痛くなるので、電車に乗るときも上着が手放せません。
間違って半そでのまま乗っちゃうと、肌を擦りながらじっと我慢になります。
夏用の上着は、すぐ汗でダメになってもったいないのですが必需品です。
若さの違いかな・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.07.28

不思議なトイレ

昨日、ビルのトイレに入って悩みました。
そのトイレの扉は、天井との隙間に手のひらが通るかどうかの背の高い扉で、その上の方に荷物や服をかけるフックが付いているのです。
カバンを掛けようと思ったのですが届きません。
周りを見渡しても置く場所もなく、他にフックもありません。
かと言ってトイレの床にカバンを置く気にはなれないので、両手にカバンを持ってジャンプして引っ掛けました。
扉が高いのは防犯上とても良いと思うのですが、フックの位置を考えて欲しかったです。
不思議なトイレは、過去他にも経験しています。
和式のトイレなのに、トイレットペーパーは様式トイレに合った高さに設置してあって、紙を取るのに苦労するトイレ。
様式トイレで、トイレットペーパー設置の高さはあっているのですが、便器から少し遠くにてあってそのまま手をのばしても届かないトイレ。
便器の付け替えなどでそういう不具合が出たのでしょうか。
用をたしてほっとしてふと気付いた時の気分、何とも妙です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.07.27

付け過ぎに注意

今朝の電車でのことです。
私の前に乗ってきた若い女性。
髪をうしろで1つに束ね、その髪は縦巻きにくるくるきれいにカールされ、ムースかジェル等をつけてきちんと固められていました。
朝早くから手の込んだことをして偉いなぁ・・と関心して見ていたら、何かがポトッ・・・ポトッ・・・と落ちています。
そう、髪に付けた整髪料がつけすぎているようでポトポトたれているのです。
げっっ、付けないでよ!と思い後ずさりする私は、さっきとは打って変わった目でその子を見てしまいました。
当然その子の服は自分の整髪料で濡れていたのですが、気付いていない様子でした。
その子が降りた後、電車の床にはポトポトと雫の後が数個。
何だかお化けみたいだなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.07.25

天神祭りは今日がメイン

天神祭りは今日がメインで、夜には花火と船渡御があります。
暑いのと、人ごみが苦手なので見には行かないのですが、私の住むマンションの通路から500円大の大きさで花火が見えるはずです。
ベランダから見えたら最高なんだけどな。
通路では長時間見るのは恥ずかしいですもんね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.07.24

今日から天神祭り

20040724_1227_0000.jpg
みこしがまだ神社に飾られていました。
有名演歌歌手からも寄付がされています。
屋台もたくさん出ていました。
最近の屋台は珍しいものがたくさんあります。
「から揚げ」の屋台なんてあるんですね~。
「くりぼー」って何かと思ったら、栗入りの春巻きだそうです。
焼きとうもろこしは、生のとうもろこしをその場で皮をむいて焼いていたので美味しそうでした。
それで300円なら買いかも!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.07.22

ハバネロスープ

soup.jpg
暑いのに、朝からこんな辛いスープを飲んでしまいました。
旭松のハバネロスープです。
辛さは、まぁまぁ辛いですね。
ベースはミネストローネっぽいので、お味は美味しいです。
具は野菜の角切りが入っていて、それも美味しかったです。
ただし、熱々の時は要注意!
熱いスープをすすると、辛味が喉に来てけほけほむせてしまいます。
すすらずにごくっといったほうが良いですね。
さめてくると辛さもさほど感じなくなって(もしかしたら麻痺してるのかも)、スープの美味しい味が味わえます。
辛い物好きでミネストローネも好きな私には、大変美味しかったです。
チェックに旭松のサイトを覗いたのですが、載っていなかったです。
まだ発売間もないのかしら。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.07.21

イヤリング

earring.jpg
私は、ピアスではなくイヤリングをしています。
イヤリングの金具にもいろいろありますが、最近多いのが後ろの留め金にコ゜ムのようなものが付いたタイプです。
耳に優しくて痛くならないという理由で付いているのですが、これが少し私にはくせものなんです。
長時間付けていると、ゴムのところがかゆくなってくるのです。
うににににに~ってかゆくて触っていると、耳たぶが真っ赤になっちゃいます。
で、しばらく落ち着けてまた付けます。
一日中ず~っとかゆいわけではないのですが、何かの拍子に時々かゆくなるのです。
確かに痛くなくて良いのですが、万全とはいかないものですね。
私が少し皮膚が弱いせいなのかしら。
でも、イヤリング好きなので毎日つけています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

服のすそに注意

今朝見た光景です。
駅の階段で私の前を行く人の中に、綿パンにTシャツという同じような服装をした若い女性の2人連れがいました。
左の女性は、Tシャツの背中のすそが綿パンのウエストにひっかかっていて、右の女性は、綿パンのすそがスニーカーの後ろ側に引っかかっていました。
暑いのは分かるけど、服のすそがめくれ上がって引っかかってるのはカッコ悪いかも。
後ろは自分では見えないので気をつけましょう。
実は私もこの両方とも経験があります。
気付いたときは「ひぇぇぇぇぇ」と赤面でした。
でも、中途半端な長さだとひっかかっちゃうんですよね。
チェック、チェック!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.07.20

オロナミンC

ヨン様のCM出演で話題のオロナミンCですが、飲む以外にも美味しく頂けます。
かき氷にオロナミンCをかけて食べると美味しいのです。
冷たくて美味しくて栄養あって、まさに元気はつらつ~ですよ♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.07.19

天花粉

powder.jpg
暑い毎日が続きますね。
毎朝汗ぐっしょりで目覚めます。
そろそろベビーパウダーのお世話になりそうです。
これって、私にとっては「天花粉(てんかふん)」という呼び名のほうが身についています。
きっと親がそう読んでいたからでしょうね。
雪(天花)の粉みたいだから「天花粉」と呼ばれているそうで、文字にして見ると何だか良い感じでこっちの方が好きです。
くせものなのはこの缶を開ける時。
ばっっと開けると粉がぶぁっと舞い上がっちゃうのです。
そうならないタイプもあるのですが、今回買ったのがたまたまぶぁっとなるタイプでした。
開けるまで分からなかったので、第1回目はやっちゃいました。
あ~あ、服まで真っ白。


| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.07.18

ふと思ったこと

最近、どんどん物が便利になってきましたね。
電化製品やカード類、家庭用品等、止まることなくどんどん進化していくように思います。
それに反して、一部ではありますが人間の質は低下していっているように思うのは勘違いでしょうか。
「情」とか「責任」って言葉は通じなくなってきている気がします。
私も例に漏れずその一部か、もしくは知らず知らずそうなっているかもしれませんが、何となくそんな事をぼんやり考えてしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.17

カルピス

comさんのサイトで、抹茶カルピスなるものが紹介されていました。
カルピスといえば、私は子供の頃カルピスがキライでした。
何故かと言うと、苦い思い出があるからです。
子供の頃私は、粉の薬がどうしても飲めませんでした。
でも母としては、頻繁に扁桃腺を腫らせて高熱を出す私に病院でもらった粉の薬を飲ませないわけにはいかず、考えた挙句、子供の大好きな飲み物であるカルピスに粉薬を混ぜて溶かして私に飲ませました。
あんな不味いカルピス、知らないですよ~。
苦甘~い不気味なカルピスを、粉薬をそのまま飲むよりはましだと言い聞かされて飲み干したものです。
それ以来、カルピスがキライになってしまいました。
社会人になってしばらくして、薄く作ったカルピスが美味しく感じられ、再び飲めるようになりました。
でも、濃く作ると昔の記憶がよみがえって来ます。
抹茶カルピスの味を想像していて思い出した、まさに苦い苦い思い出でした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.07.16

目玉焼き

食べ方ネタにはまってしまいました。
今度は”目玉焼き”です。
目玉焼きには何をかけて食べますか?
ホテルのアメリカンブレックファーストなら必然的に塩・こしょうですが、家庭で食べるとなるといろいろだと思います。
私の場合は「醤油」です。
子供の頃から醤油をかけて食べてました。
これが案外同じ意見の人が少ないんですよね。
次に”天ぷら”。
天つゆがなかったら何をつけて食べますか?
私は子供の頃から「ソース」です。
でも、お店で売っているお弁当だと醤油がついているんですよね。
フライが入っているときはソースが付いています。
私はフライも天ぷらもソースです。
私の食べ方、おかしいのでしょうか???

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.07.15

変わった食べ方

納豆にわさびで思い出したことがあります。
納豆以外に、人から教わって癖になったちょっと変わった食べ方がいくつかあります。
まず、ミンチカツとハンバーグにタバスコを振ります。
ただし、ソースがデミグラスソースの時に限ります。
えーー?って思いつつ振ってみたら美味しかったので、それ以来欠かせません。
私が香辛料好きだからかしら。
もう1つは、冷奴にねり辛子です。
鰹節をのせた冷奴にお醤油をかけ、ねり辛子を付けて食べます。
生姜とねぎの冷奴とまた全然違う感じで美味しかったです。
納豆にわさびほどぴったりではないかも知れませんが、2つとも結構抵抗がありつつ試してみて美味しかった食べ方です。
逆に、教えてもらってもどうしても試す気になれない組み合わせもあります。
1つ目は、おでんにマヨネーズを付けて食べること。
2つ目は、カレーにマヨネーズを付けて食べること。
3つ目は、うどんにソースを入れて食べること。
試したくありません。
どうしても試すなら、うどんかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.13

紙めくりのメクリン

mekurin.jpg
以前ふにゅさんのサイトで発見した紙めくりの「メクリン」です。
あの時は、まだ手持ちの紙めくりがあったのですぐには購入しませんでした。
で、本日無事購入!
今まで使っていた紙めくり(メクリッコ)より柔らかくて良い感触です。
見た目にもかわいいですし、お気に入りになりました。
ふにゅさん、ありがとうございます。(見てくれるかしら)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.07.12

納豆の食べ方パート2!

納豆続きですが・・・。
知人に教えてもらった、納豆が苦手な人でも食べられるかも!?という食べ方を紹介します。
納豆に、茹でて冷ましたキャベツを荒い千切りにしたものとマヨネーズをたっぷり入れ、まぜまぜして出来上がりです。
え~!?って思ったのですが、実際作って見ました。
ん~、納豆とはまた違った料理って感じです。
納豆を食べてる気がしないから、確かに納豆嫌いの人でも食べられるかもしれません。
でも、納豆好きの私には物足りないですね。
お試しあれ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.07.10

納豆の食べ方

natto.jpg
今日は納豆の日だそうです。
ということで、昼食は納豆にしました。
私の納豆の食べ方は、刻んだねぎをたっぷり入れて、”からし”ではなく”わさび”を入れます。
何で納豆にからしが付いてるのかしら、わさびの方が美味しいのに・・といつも思います。
親譲りの食べ方なのですが、変ですか?

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2004.07.08

美味しい鯖寿司

知人に頂いて、とても美味しくて感激し、お取り寄せした鯖寿司があります。
鳥取米子の米吾 吾左衛門寿しというお店の鯖寿司です。
大きな昆布で巻いていて、関西では松前とも言います。
鯖寿司は匂いが苦手と言っていた母が、「美味しい!」と絶賛しました。
今度は友人に勧めてみたのですが、彼女は「3本頼むと送料無料」に反応し、3本選ぶのに迷っています。
薦めた本人としては、食べた反応が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.06

歯医者

前歯が欠けたので歯医者に行ってきました。
行きつけの歯医者さんは勤め先の近所なので、昼食タイムや夕方遅くに外で先生と出会うこともあるのですが、初めて外で会ったときは挨拶されても誰だか解りませんでした。
何故かと言うと、私の知っている先生はいつも大きなマスクをしているからです。
マスクをはずした顔を初めて見ると気付かないものですね。
こういう顔をしていたのか~って、しみじみ思ってしまいました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.04

白い花

20040704_1650_0000.jpg
出先で見かけた花ですが、これ何の花でしょう。
こういう花がたくさん集まった木(?)でした。
そういえば、春が終わる頃見かけた知らない花も白い花でしたね。
白い花って、清楚でいて神秘的な感じがして目に留まるのかしら。
私も白い花のような女になれないかしら・・って、既に遅しでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.01

昨日見た酔っ払い

昨日の仕事の帰り道、私の前にふらふら蛇行しながら歩く酔っ払ったおじさんがいました。
私の後ろには、酔っ払ってご機嫌におしゃべりしているおじさんとおばさん。
私は夕飯もまだだというのに、皆さんはもうご機嫌さんなのねぇ・・などと考えていると赤信号にたどり着き、前と後ろの酔っ払った人達も一緒に信号待ちです。
そこに、行き交う車の隙を見て信号無視した自転車が赤信号を渡って行きました。
すると、蛇行していた酔っ払いおじさんがつられて渡っていこうとします。
後ろにいたご機嫌の酔っ払いおじさんとおばさんは、渡ろうとするおじさんを見てあわてて止めて引き戻しました。
だけど、しばらくするとまたふらふら渡ろうとするのです。
引き止めたおじさんは、それに気付かずご機嫌におばさんに話しかけているのですが、おばさんがその様子に気付き、「危ない、また渡るわ、止めて。」と、話しかけるおじさんに言いました。
するとおじさんは、赤信号を渡ろうとするおじさんの服をおもむろにつかみ、そのままおばさんとしゃべり続けました。
服をつかまれたおじさんは、進むに進めず、風船みたいにふ~らふ~ら揺れていました。
何ともおかしな光景でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »